マイレージって、そもそもどんなシステム?という疑問から、よりお得に使う方法まで情報満載!

マイレージを活用して、あんなことも、こんなこともできちゃう?

■固定費でマイルを貯めよう

マイルを上手に貯めるのは、なにもフライトやツアー、買い物だけではありません。

JAL,マイル,家賃,電気
日々使われる『固定費』でもマイルを貯めることができるんです。 固定費というのは、家賃や車のローン、電話やインターネット、ガス代、電気代、保険といった、月々に支払われるものをさします。 ほとんどの方は、これらの固定費の支払いを銀行からの引き落としで支払っているかと思いますが、これをカード支払いに変更することによって、毎月の固定費の支払いで自動的にマイルが貯まっていくんです。

始めのうちは、「カードの支払いが可能かどうか」「手続き方法の変更にはどのようなことが必要なのか」といった、様々な手間がかかるかもしれません。 しかし、一度変更してしまえばあとは放っておくだけでドンドンマイルが貯まっていくわけですので、これを利用しない手は無いと言えます。 まずはクレジットカードで固定費を支払うことができるかどうかをチェックすること。 そして、無理だったら今度は電子マネーで決済することができるかどうかを確認してみましょう。

●家賃

固定費の中で最も支払金額が多いのが家賃になります。 例えば、100円あたり1マイル貯まるとしたら、家賃が5万円なら毎月500マイル貯めることができる、ということに。 しかし、家賃をクレジットカードで支払うことができるかと言えば、実際にはほとんどのところが「銀行引き落としのみ」となっているのが現状です。

しかし、アパマンショップやレオパレス21、オリコといった、大手の不動産会社経由での賃貸であれば、クレジットカードで支払いすることができます(JALマイレージバンクと提携している)。 そのため、もしも転勤などで引越しを検討している方がいれば、これらの不動産会社を利用して、家賃からマイルを貯めるようにするのは有効な手段だと言えます。 ですが、わざわざマイルを貯めるためだけに引越しをするのは、「本当にお得になるのか」という点をよく吟味した方がいいでしょう。

●ライフライン

電気代やガス代、水道代といった、ライフラインに関する支払いもクレジットカードで行うとマイルを貯めることができます。 基本的にはいずれの会社でもカード支払いができますが、会社によっては対応していないケースもあるようですので、事前に必ず確認を行うようにしましょう。 ただ一点考慮するべきなのが「口座振替割引」です。 例えば、口座振替での支払いを選択することで「月あたり○○円値引きする」というもの。

もしもこの値引き額が月に50円だったとします。 1マイルはおおよそ2.5円ほどの価値があるとされているので、月の電気代が2,000円以上なら、カードで支払った方がお得ということになります。 このように、割引適応額とマイルの積算額の比較を忘れずに行うようにしましょう。

●固定電話・携帯電話

固定電話や携帯電話など、電話関係の支払いは案外多いもの。 特に家族全員で携帯電話を利用していると、支払い金額は相当な額になります。 これをクレジットカードから支払うことによって、かなりお得にマイルを貯めることができます。 基本的にどの電話会社もカードでの支払いが可能ですが、事前に確認をしておきましょう。

●インターネットプロバイダ

いまや生活の必需品となったインターネット。 インターネットをするためのプロバイダもカードで支払いを行うことによりマイルを貯めることができます。

●NHK受信料

NHK受信料もカードでの支払いが可能です。 そのため、上手にマイルを貯めることができます。 例えば、2か月4.580円×6回で27,480円。 200円あたり1マイルの積算なので、年間137マイル貯めることができます。

マイルの貯め方基本

お得に旅行する

JAL,マイル,家賃,電気
ホテルに宿泊するだけなんてもったいない!
JAL,マイル,家賃,電気
温泉旅館で得をするなら、この方法を使おう!
JAL,マイル,家賃,電気
旅行でマイルを貯めるのがやはり王道です!

貯め方の応用